キャンプってナンだろう?

今日は、そんなそもそもの疑問に答えたいと思います。

キャンプって直訳すれば「野営」「露営」「宿営」で、野外で一時的な生活をする事を指します。

最近では、テントを張って外で生活する事を目的とした遊びをキャンプといいますが、広義で言えば野外で一時的に生活する事自体をキャンプといいます。

何故、そのように意味合いが変わってきたのかといいますと、商業ベースに乗ったからでしょう。

どんどんキャンプ場が増えていき、それによりキャンプ道具もどんどんと便利になり、種類も増えていきました。

敷居はどんどんと下がり、小さいお子様のいる家族でも安心していけるキャンプ場が増えました。

その事でキャンプという言葉は本来の意味から少し離れていき(もしくは新しい意味を持った)、キャンプ=遊びと認識されるに至ったのでしょう。

って事でキャンプって何をするのでしょうか。

実はキャンプにも様々なカテゴリがあります。

デイキャンプ、ソロキャンプ、オートキャンプ、ツーリングキャンプ、キャンピングカー、グランピングなどなど・・・。

それによって若干違う所もありますが、基本は自然の中でテントを張って、バーベキュー(BBQ)をして、自然を相手に遊んだり、癒されたり、また仲間や家族と語り合ったり・・・。

非日常空間での生活をみんなでクリアしていくってわけです。

そうする事で、共同する力、相手を労る思い、自然を大切にする気持ちなど、普通の生活では強く感じられない事を感じられます。

ボーイスカウトなど子供の教育にもよく使われますね。

ま、そこまで堅苦しく考える必要はありませんが、キャンプというのは遊びの中でも学ぶ事が多いんだと認識しましょう。

ってことで、みんなでキャンプ!キャンプ!




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析