キャンプと言ったら焚き火!

そういう人も多いかと思います。

しかし、この焚き火には様々なルールがありますので、キチンと守って行いましょう。

まず、全体的に言える事は、以下の五つです。

★燃え易いモノの近くではしない、風下を確認する
テントやタープの近くでする時は注意です、火の粉で穴が空きます。

★有害なモノを発生させるモノを焼かない
発泡スチロールやプラスチックなどは燃やさないようにしましょう。

★消灯時間後はしないです。
朝まで焚き火が出来る所もありますが、基本的に消灯時間が決められている所はキチンと守りましょう。

★許可された場所、時間で行う
焚き火は土にダメージを与えます。なのでキャンプ場で許可された場所以外では絶対にやってはいけません。

★後始末はキチンと行う
就寝する時、撤収する時、絶対に火が消えた事を確認してください。これが出来なれば焚き火をやる資格はありません。

ここらが焚き火をする際に絶対に守らなければならないルールです。

焚き火は簡単に言えば危ない遊びです。

その事を重々受け止めてください。

楽しいキャンプはルールを守ってこそです。




励みになります、ポチっとお願いいたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへblogramで人気ブログを分析